立 川 市 立    立  川  第  八  中  学  校
〒190-0013 立川市富士見町7丁目24-1
TEL:042-526-2007 FAX:042-529-1180
通級プラス TEL/FAX:042-528-5585
 

 
学校長挨拶

 4月9日に66名の新入生を迎え平成31年度・第42回目入学式を挙行し、全校生徒200名で新たな1年がスタートしました。
 本校では、今年度も「確かな学力の定着」による「生きる力の育成」を最重点目標として教育活動を実践してまいります。本校ではこの「学力」の定義を「学ぶ力」とし、点数(得点)の向上だけを学力とはとらえていません。日々の学校での生活や人との関わり方、学校外での活動を含め、生活に関わる全ての事柄が学習であり学力とし、その向上が生きる力につながると考えています。
 本校は立川市立中学校9校中、最小規模校です。また学区の小学校も新生小学校1校のみという学校環境です。また、昨年度からは立川市内で先行してコミュニティ・スクールを導入いたしました。これまで以上に地域の皆様方との関係を密にすると同時に、「最も小さな学校」「学区の小学校が1校」というスケールメリットを生かした教育活動を、新生小学校と共に、目に見える深い連携を行ってまいります。そして子供たちだけでなく、保護者の方々、地域の皆様方、そして我々教職員が「立川八中校区は違うよ」というプライドを持てる学校区としてまいります。
 子供たちの健全な成長には、子供たちを取り巻く身近な環境である家庭・地域・学校が上手く連携することが不可欠です。今年度も本校の教育活動に対し、皆様のご理解・ご協力・ご支援をお願い申し上げます。

校長 水越 伸朗
 
学校教育目標
 
 命を大切にする心をもつ人
 知恵」を身につけ活かせる人
 
 教育方針
  1. 人権尊重の精神に徹し偏見や差別をなくすとともに、生徒の自尊感情を培い互いに思いやる心を全体 の教育活動を通して育成する。
     (人権教育)
  2. 学習意欲を高める授業内容、授業形態、評価の工夫・改善を行い、学力の定着を図るとともに、創造性 を伸ばす教育活動を展開する。
     (基礎学力と創造性)
  3. 生徒相互の関わり合いの活動を通して、一人一人の生徒に自己有用感をもたせるとともに、善悪の判 断や社会規範意識を高める教育活動を計画し実践する。
     (社会性の育成)
  4. コミュニケーション能力の育成を図る機会や場面を設定し、自他の理解に基づき、広い視野に立って共 生に努める資質を育成する。
     (グローバルな感性)
  5. 社会連帯意識をもたせ郷土を愛する教育に努めるとともに、日々の教育活動をとおして、八中生として 自覚と誇りをもち学校を愛する心の育成を図る。
     (郷土と学校を愛する心)
  6. 開かれた学校実現のため、教育活動及び学校運営(一部)を公開するとともに、生徒、保護者、地域社 会、学校評議員による「学校評価」を実施し、結果を教育活動に反映させる。また、生徒による授業評価を実施し、指導方法の工夫・改善に活かす。
     (信頼される学校)
  7. 何よりも生徒が、楽しく安心して教育活動が行われるように、恒常的に施設・設備の点検、及び安全を意図的・計画的に実施する。
     (安全・安心の 学校)
  8. 校区における小・中各一校の環境を生かし、教育課程や指導方法の研究・研修、連携活動の工夫に努め、義務教育9年間を見通した学習指導を行なう。
     (小学校・中学校の連携)
  9. 生徒一人一人の「思い」を大切にし、OJTを活かし教師の指導力を研究・研修を通して高め合い、公務員としてその使命と職責を自覚し職務を遂行する。
     (情熱と使命感をもつ教師)
 ■令和2年度 学校経営計画(PDF)
 
Copyright(c) 2014 Municipal Daihachi Junior High School in Tachikawa All Rights Reserved.