立 川 市 立    大 山 小 学 校
〒190-0032 東京都立川市上砂町1-5-33
電 話:042-535-2850
FAX:042-534-6945
 
 
 
専科からのお知らせ
算数 音楽 図工 随時更新しています。   日誌をご覧ください。
 
日誌
専科の日誌
12345
2022/12/01new

音楽室より〜20〜

| by:副校長

 12月に入り、学期のまとめの時期となりました。
 各学年、4月に比べると「できること」も増えてきました。

 
1年生
 音楽を聴いて、音楽に合った動きをしたり、楽器の音色を聞き分けたりすることができるようになりました。
 友達と呼びかけ合う歌い方もできるようになり、強弱を工夫して「山びこごっこ」を歌っています。
 これからは、ミニ合奏として「きらきら星」に挑戦します。

 2年生
 鍵盤ハーモニカで「山のポルカ」や「ドレミであそぼ」という曲を演奏しています。
 友達と教え合ったり、友達の検定合格を自分のことのように喜んでくれたりする姿が見られます。

 3年生
 4回ほどリコーダーの課題提出を実施しました。
 タブレットの操作に限らず、低いド〜高いレまでの運指(指づかい)を覚えることに挑戦しています。
 各学級での合奏も始めるところです。楽器の割り振りも自分たちで決めることができました。

 4年生
 「重なり合う音や声」について学習をしています。
 音楽鑑賞や二部合唱では実践できるようになりつつあります。
 しかしコロナ禍での飛沫感染対策として、リコーダー二重奏には挑戦できず残念です。
 今後、合奏という形で「音の重なり合い」が実感できるようにしていきます。

 
5年生
 学習発表会後は、歌唱に力を入れてきました。
 発音や強弱に気を付けて歌う中で、少しずつ「ペアでの斉唱」や「ソロ」を取り入れきました。
 今週は「ソロで歌ってみます!」と頼もしい声も聞こえ始めました。

 
6年生
 リコーダー三重奏に挑戦しながらも、4年生同様、実際に演奏をすることはできませんでした。
 課題として取り組んでいる最中ですので、ご家庭でも温かい声掛けをお願いします。
 歌唱では、校歌の二部合唱に挑戦しています。どこかで発表の場を用意したいと考えています。

09:11
2022/11/11

音楽室より〜19〜

| by:副校長

低学年で【ドラム・サークル】という活動に取り組みました。

1・2年生ともに「えっ?あのドラムができるの?」や「サークルって何?」など、初めて聞く言葉に疑問ばかりでした。

「ドラムは太鼓、サークルは円。つまり、円になってみんなで太鼓を演奏すること」と話すと、早速やってみたい!と楽しそうに取り組んでくれました。

音楽室に「太鼓」は少ないので、今まで学習した打楽器(タンブリン、トライアングル、すず、カスタネット、サウンドシェイプス)で演奏しました。

始めは「ドン・ドン・ドン・ドン」というベースに合わせて拍打ちをするだけの子どもたちも、次第に自分なりのリズムや学習したリズムをつかってリズム打ちをすることができました。

全員が全種類の楽器を演奏するために、1つずつの楽器演奏は限られた時間となってしまいました。しかし「楽しかった」「たくさんの楽器ができてよかった」「Aさんのリズムがかっこよかった」「Bくんの演奏方法が上手だった」など、友達のよさに気付く子どもたちもいました。


明日は学習発表会(保護者鑑賞日)です。音楽の時間に練習を重ねてきた学年もあります。

初めの頃からの成長を感じ、明日の当日もますます楽しみです。


12:17
2022/10/21

音楽室より〜18〜

| by:副校長

 今日は、中学年の様子をお伝えします。3年生「リコーダー」定着しつつある「タブレットを活用した課題提出」で、一人一人の頑張りを聴いています。ご家庭でのご協力に感謝しております。ありがとうございます。

ソ・ラ・シ・高いド・高いレの運指(指づかい)にも慣れてきましたが、速い曲やリズムが複雑になると「難しい〜」という声も聞こえてきます。持ち前の明るさとひたむきな努力の結果、できることが増えてきました。

「ふじ山」どちらのクラスでも、”曲の山”や”1番の盛り上がり”について考えました。友達の意見を聞いて、考えが変わったり納得したり・・・今後は、考えたことを表現できるようにしていきます。
 4年生「とんび」歌詞を理解しながら歌っています。「どんなふうに飛ぶの?」「鳴き声って、本当に教科書のとおりだっけ?」という疑問から始まりました。自分の考えをもって、友達に伝えて、実際はどうなのかを調べて・・・昨日の授業では「輪をかいて」飛ぶ姿について、考えて歌いました。多くの子どもたちは「時計と同じように回る」と考えていましたが、実際には少し違い(縦に回ったりもする)、それも新たな発見となりました。歌詞の理解を深めることで、歌声も今まで以上に出てくるようになりました。

 特に鳴き声の真似は、恥ずかしがらずに取り組んでくれたので、とても生き生きと表現できるようになりました。他にも、学習発表会の曲にも挑戦していますが、それは当日のお楽しみということにします。

10:20
2022/10/18

音楽室より〜17〜

| by:副校長

更新が滞ってしまったので、この1週間で取り組んだ各学年の授業内容を紹介します。今日は低学年、2学年分の紹介です。


1年生

鍵盤ハーモニカ

音楽室で音を出すことはできませんが、1曲ずつ丁寧に指づかいを覚えたり、階名(音の名前)を歌いながら弾いたりしています。実際の音を確認するために、キーボードで1人ずつ検定も実施しました。

「やまびこごっご」

友達と声を掛け合う楽しさを感じ取っています。たくさんの意見が出たので、いつもホワイトボードがいっぱいになってしまいます。



2年生

「やおやのおみせ」

2学期初回から、リズム打ちで遊び歌として親しんできました。生活科で育てた野菜の名前も入れて、楽しく歌っています。リズムに合わせて生き生きと歌っています。○「かねがなる」声の重なり合い、繰り返しのあるフレーズ(言葉)に着目して音楽を聴いたり歌ったりしました。それをもとに以下の「おまつりの音楽」に取り組みました。

「おまつりの音楽」

自分達で選んだリズムをつかって、お祭りの音楽のリズム打ちに取り組んでいます。友達と紹介し合ったり、友達のリズムと重ねてみたり・・・たくさんの工夫が見られます。


13:13
2022/09/28

音楽室より〜16〜

| by:副校長

1年生は、鍵盤ハーモニカの演奏練習を始めています。

コロナ禍であることで、唄口をつかって実際に演奏することはできませんが、リズムや指番号に気を付けて、鍵盤を演奏しています。

今日までに、1組も2組も3曲練習し、一人ずつ個別検定(ミニテスト)も実施しました。

まだ練習を始めたばかりなので、全員が「合格」することはできませんでしたが、音が出ない中での練習にも関わらず、集中して取り組んでいる姿は、とても素晴らしかったです。

検定している1曲に「ひのまる」という曲があります。

教科書の挿絵には、日本の国旗以外にも多くの国旗が描かれています。

どちらのクラスでも、他の国についてよく知っていることに驚きました。

「日本の国旗は分かりやすいね。」や「漫画で見るお弁当みたい」といった声もあがっていました。

歌ったり、演奏したり、意見を発表したりするだけではなく、いろいろな視点で学びを深められるようにしていきたいと強く感じました。

16:43
12345
Copyright(c) 2014 Municipal Ohyama Elementary School in Tachikawa All Rights Reserved.