立 川 市 立   第 五 小 学 校
〒190-0011 東京都立川市高松町1-12-25
 
 
学校長挨拶
   入学・進級 おめでとうございます
                             校長 関口 保司
 校庭の花々が咲き、令和4年度が始まりました。入学・進級おめでとうございます。
 令和4年度は、新1年生122名を迎え、全校児童631名でのスタートです。
 このたび、藏重佳治前校長の後任として着任しました関口保司です。歴史と伝統ある立川市立第五小学校の校長として、保護者の皆様、地域の皆様とともに、子どもたちのために全力を尽くしてまいります。どうぞよろしくお願いします
 本校の教育目標は、「よく考え進んで学ぶ子 自分も友だちも大切にする子 正しく判断し行動できる子 体を鍛え最後までやりぬく子」です。この教育目標の実現を目指して取り組んでまいります。
 令和4年度は、立川市の全小中学校が文部科学省の教育課程特例校となり、新教科「立川市民科」が始まります。立川市では、平成27年度から立川市民科の取組を始めました。「町探検」や「昔あそび」など、地域の方々と一緒に教育活動を進めてきました。今回の教科化は、それらの活動を基盤として、国語や算数と同じように「立川市民科」を一つの教科として定めるものです。この教科化にあたっては、市議会や教育委員会、教科化検討委員会等で話し合いが重ねられました。そして文部科学省に申請し、本年4月から教科としての「立川市民科」の新しい取組(1・2年15時間 3年生以上35時間)がスタートすることになります。
 また本校では、運動会後の6月から来年の3月にかけて、大規模な工事が行われます。これは1学級の定員が、40人から順次35人となること(令和4年度は第3学年以下。令和5年度は第4学年以下。)に伴い、教室を増設するための工事です。保護者や地域の皆様には、騒音や校庭利用等でもご迷惑やご苦労をおかけすることが出てくると思いますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 そして今年度も、新型コロナウィルスに対する感染症対策を継続しながら、工夫を重ねて教育活動を実施していかなければなりません。第五小学校の全教職員が一丸となって、子どもたちの教育に取り組んでまいります。今年度も本校の教育活動へのご理解・ご協力をよろしくお願いします

 
学校教育目標

よく考え進んで学ぶ子(知)
自分も友だちも大切にする子(徳)
正しく判断し行動できる子(徳)
体を鍛え最後までやりぬく子(体)

私たち教職員は、保護者や地域の皆様と力を合わせながら、豊かな心で、自ら考え、きまりを守る、心身ともに健康な子どもたちを育てます

  



 

体罰根絶の取り組み

体罰ゼロ宣言 体罰防止月間の取組
 東京都教育委員会では、「都内の全公立学校から体罰の根絶を図る」ことを目的に、7月8月を体罰防止月間として位置付け、都内全公立学校における体罰の根絶の取組をおこなっています。第五小学校でも、その趣旨に従い、体罰の根絶に向けた取組を実施しました。
①体罰防止研修の実施(体罰等に関する事例研究、体罰等についての自己点検、体罰防止に向けたスローガンの決定)
②体罰根絶に向けた全教員対象の校長による面談
 第五小学校では、これまで通り、体罰や不適切な指導のない、児童・保護者・地域に信頼される教育おこなっていきます。ご理解、ご協力をおねがいいたします。
 
第五小学校校長 藏重 佳治 (令和3年9月1日)

 五小体罰ゼロ宣言ポスター





 
Copyright(c) 2014 Municipal Daigo Elementary School in Tachikawa All Rights Reserved.