kousyou立 川 市 立  第 三 小 学 校
平成30・31・32年度
教育力向上推進モデル校 体力向上推進校

オリンピック・パラリンピック教育推進校
〒190-0022 東京都立川市錦町3丁目4-1
電話:042-523-4448 FAX:042-529-0850
 
訪問者数1037048
お知らせ

  
 立川市立第三小学校教育目標  
  よく考え実行する子」 

   「思いやりのある子」

  ◎「健康でたくましい子」(重点目標)

令和元年を迎えました。令和もどうぞ立川第三小をよろしくお願いします。

東京女子体育大学と協働!
今年度体育の研究に際し、東京女子体育大学と協働することとなりました。校内研究の日に、東京女子体育大学の学生が来校し、研究授業のお手伝いをしてくださったり、メインの講師(東京都教職員研修センター教授)がいらっしゃらない時に東京女子体育大学の講師の先生が先生方に指導助言してくださったり、などで協働していきます。

校内研究で講師の先生のお話を聞く先生方(後方に座っているのが東京女子体育大学の学生)

★お知らせ★


4月から英語(専科)教室が開設しました。

三小では来年度外国語(活動)を前倒しで実施しています。
3・4年生は35時間、5・6年生は70時間外国語(活動)に取り組んでいます。
さらに、指導要領にはありませんが、2学期から、1年生は10時間、2年生は20時間の外国語活動に取り組みます。
これに伴い、英語の専科教室を開設しました。4月からは、外国語(英語)の学習は、英語教室で行われています。

English Room の様子

103万アクセス達成!

(8月21日)

引き続き、ご愛読ください


体罰根絶に向けた研修で、STOP体罰の宣言を
作成しました。
ちょっと待て!!
 子どもの話は聞いたかな?”

子ども・保護者・地域から、信頼される学校を
これからも目指し、ここに宣言します。

 

新着情報

 
日誌
学校のできごと >> 記事詳細

2019/07/18

校長日誌 錦町の空から NO893 (2019.7.18)

| by:校長
校長日誌 錦町の空から NO893 (2019.7.18)

 セルフコントロール

 先週の月曜日の全校朝会の話題は、「自己制御、セルフコントロール、我慢する力」。
 この話のため、例として、有名な「マシュマロテスト」の話をしました。

 マシュマロテストは、今から50年前にアメリカのスタンフォード大学で行われたテスト。4歳の子供たちを186人集め、マシュマロを食べるのを我慢できた子供と我慢できなかった子供のその後を追跡した調査です。(マシュマロを食べるのを15分間我慢できた子供にはもう1つマシュマロをあげ、我慢できずに食べてしまった子供は1個のみ、というテスト。)
 我慢できた全体の3分の1の子供たちは、18年後(子供たちが22歳になったとき)の追跡調査で我慢できなかった3分の2の子供たちよりも学業成績が良かった、というのです。
 さら追跡調査は続きます。子供たちが45歳になったときにも自己制御の力が継続していることがわかりました。
 つまりは、子供の時の我慢する力、自己制御する力は、その後につながっていくということです。
 私は子供たちに「校長先生もそういうときがあるけど、悪い心と正しい心が戦って、負けてしまうと、後で後悔します。悪い心、弱い心に負けずに、正しい道を選びましょう。」と伝えました。さらに「人は弱い。だから、周りの人たちの力も大切。近くにいる人が間違った道を選ぼうとしたら、『ダメなものはダメ』と注意してあげましょう。」と伝えました。

三小の子供たちも、その場の楽しさ、その場のノリ、また、周囲につられて(付和雷同に)悪いことをしてしまうことがあります。自分で自分をいさめる力が育ってほしいですね。
05:03 | 校長日誌
Copyright(c) 2014 Municipal Daisan Elementary School in Tachikawa All Rights Reserved.