立 川 市 立    立  川  第  二  中  学  校
〒190-0012 東京都立川市曙町3丁目29-46
電話:042-523-4338~9 FAX:042ー529-1008
1組042-523-2626 教育相談室042-523-7596
 
 
学校長挨拶

  

自ら学び続ける意欲をもった生徒の育成

~伝え合い、支え合い、学び合う学習活動を取り入れた指導の工夫~

 

校長 常盤 隆

 

 「そうか、分かった」「できた!」昨年度3学期の授業での生徒の声です。

本校は、平成26・27年度立川市教育委員会「学力向上推進研究校」として、生徒の学力向上に努めています。学力を向上させる上で必要なことは学習に向かう意欲です。そのため、昨年度より重視しているのは、生徒自身が主体的に学習に取り組む態度の育成です。具体的には、学習習慣を定着することが必要と考え、家庭での学習を行うための「家庭学習ノート」の取り組みと、学習をしていて分からない内容を“学習支援員”に質問し、分かるようにしていくための「補習教室」の実施です。

主体的に学習に取り組めるようにするため、まず各教科の授業で、生徒自身が見通しを立てたり、振り返ったりすることができる学習活動を重視しています。そして、生徒が自分の考えなどをお互いに伝え合い、支え合い、学び合う学習活動を取り入れることで、意欲を高めたり、理解を深められたりできるようにしています。

このような授業を通して、何が分かり、何が分かっていないのかを生徒が自ら捉えるとともに、見通しをもってどのように学習をしていけばよいのかを知ります。その上で「家庭学習ノート」に取り組むことにより、その学習内容も深まりを見せ、ノートに記載する内容が変容してきている生徒もいます。そして、「補習教室」につきましても、昨年度初めて実施したことで明らかになった課題を改善できるよう生徒の実態に応じた形態にしました。

加えて、本年度も東京都教育委員会「言語能力向上拠点校」の指定となりました。これまで実績をおさめています思考力・判断力・表現力等の育成を目指した「クリティカル・シンキング講座」「集団討論」、そして、言葉の力を高め、読書活動の充実を目指した「ビブリオバトル(書評合戦)」に取り組み、内容を充実させてまいります。今年度の「ビブリオバトル(書評合戦)」の取り組みは、生徒会の図書委員会が中心になり進められるように計画をしています。

また、体力の向上につきましては、今年度、東京都教育委員会「オリンピック・パラリンピック教育推進校」の指定校となりましたので、これまで継続し、実績をおさめている「持久力」の向上にさらに努めてまいります。加えて、来る2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、「オリンピック・パラリンピック」に関する学習を推進することで、生徒にその意義や自分にできることを考えていけるようにするなど気運を高められるようしてまいります。

 さて、現在、情報交換のツールとして電子機器の発達とともに生徒の生活において、スマートフォン、携帯電話等を利用し、インターネットやSNSを媒介にしたやりとりの中で、人間関係や健全な生活に良くない影響が及んでいます。こうした問題に対処するため、自分で考えられる力を身に付けていく必要があることから、今年度の「セーフティ教室」では、“ネットに関する自主ルールづくり”に取り組みます。東京都青少年・治安対策本部と連携し、専門の講師の派遣を受け、学級ごとに生徒同士での話し合いを通して、どのように対処したらよいかを考えていきます。

 以上のように、今年度は生徒が主体的に学習や諸活動に取り組む態度を育成していくことを重点に、教育活動を進めてまいります。生徒が自分の考えをもち、多様な他者との積極的なかかわりを通して、よりよい生き方を見出すことができるように努めてまいります。

 




 
学校教育目標
 社会の変化に主体的に対応できる豊かな心を持ち、たくましく生きる人間を目指して

 
  
 進んで学ぼう 
    思いやりの心を持とう 
       理想の実現に努めよう

立川第二中学校創設以来63年にわたり継承されてきた創立の精神に則り、豊かな心を持ち、たくましく生きる生徒を育てるために、創造性と可変性のある学校経営を推進する。その際、立川第二中学校は
 (1) 地域のためにあること  (2)公立中学校であること
 (3) 義務教育段階であること (4)生涯学習の基盤作りであること
を念頭におき、魅力ある学校教育を推進する。

1 人権教育を基底に、全ての生徒が尊重され、楽しい生きがいのある学校。
2 生徒、保護者が「入ってよかった」「入れてよかった」と言える満足度の高い
  学校。
3 学校行事及び部活動との両立を図り、自主・自律の教育活動を実践する学校。
4 教科、道徳、特別活動、総合的な学習の時間及び体験活動などを幅広く履修させ、 知・徳・体のバランスのとれた学習活動を実践する学校。
5 社会規範を確実に身に付け他者を尊重する人間性豊かな生徒を育成する学校
6 地域(曙町、高松町、栄町、緑町)に広く根ざし、信頼され誇れる学校。

1「自ら学ぶ」意欲と確かな学力をもつ生徒。
2「基本的な生活習慣」を身に付け、集団の一員としての自覚をもつ生徒。
3「あいさつ」ができ「思いやりの心」をもつ生徒
4「たくましく健やかな体」をもつ生徒
5 自らの進路を切り拓く「自立性」をもつ生徒。
 


 


 ■
平成28年度 学校経営計画

 ■学力向上に向けた取り組み

 ■いじめ防止対策 基本方針

 ■授業改善推進プラン
 ・国語   ・社会   ・数学   ・理科   ・英語   
音楽     ・保健体育     ・技術   ・
家庭科   ・美術


 
■保護者アンケート結果

 
立川二中体罰ゼロ宣言ポスター


 ■1組(特別支援学級)(※平成28年度から1組に変わりました) 

 
進 路

卒業生の進路

都立(全日制普通科)64名

小平西

府中西

上 水

東大和

福 生

東村山

日 野

小平南

立 川

東大和南

東村山西

松が谷

秋留台

松 原

小金井北

武 蔵

武蔵村山

西

日野台

富士森

国分寺

新 宿

府 中

府中東

南 平

南多摩

都立(全日制専門学科)10名

第五商業

農業(園芸)

杉並工業(機械)

総合工業(都市)

中野工業

大島海洋国際

多摩科学技術

青海総合(総合)

都立(定時制)9名

砂 川

八王子拓真

稔ヶ丘(総合)

一 橋

世田谷泉(総合)

 

都立(特別支援学校)4名

南大沢学園

武蔵台学園

国立高等専門学校 機械 1名

私立(全日制)71名

昭和第一学園

堀 越

拓殖大学第一

八王子

藤村女子

明 星

大 成

日本大学明誠

早稲田大学学院

工学院大付属

白梅学園

日体桜華

立川女子

八王子実践

駒沢大学

東 野

東亜学園

桐 朋

日本工業大駒場

日本大学櫻丘

早稲田大本庄

遺愛学園

浦和学院

国立音楽大学付属

駒沢学園女子

日本大学第二

日本大学鶴ヶ丘

明星学園

明大付属中野八王子

専修大学付属

錦 城

杉並学院

成 城

中央大学付属

帝京大学

宝仙学園

私立(定時制・通信制)3名

科学技術学園

日々輝学園

クラーク記念国際

 

高等専修学校 8名

KTC中央高等学院

日本芸術高等学院

大竹高等専修学校

国際製菓専門学校

ゆうがく(フリースクール)

 
Copyright(c) 2014 Municipal Daini Junior High School in Tachikawa All Rights Reserved.