立 川 市 立    立  川  第  二  中  学  校
〒190-0012 東京都立川市曙町3丁目29-46
電話:042-523-4338~9 FAX:042ー529-1008
1組042-523-2626 教育相談室042-523-7596
 
 
アクセス数163809
祝!150000アクセス数達成!!ありがとうございます。引き続きよろしくお願いします!

☆更新のお知らせ☆



9月22日(金曜日)

公開授業・研究発表会開催

当日お越しくださいました皆様、

まことにありがとうございます

研究実績をこれからの教育活動に

より一層活かしてまいります


研究主題

「 主体的な学びを促す授業づくり

 ~伝え合い、支え合い、学び合う学習活動の活性化

日時:9月22日(金曜日)


    午後1時35分より公開授業

    午後2時40分より研究発表
     
    
・研究発表

     ・講演
      「主体的・対話的で深い学びが
                         なぜ必要かどう実現するか」

      講師:日本女子大学准教授 瀬尾美紀子先生

     ・トークセッション「学ぶのは誰ですか?」
       発表者:講師・瀬尾 美紀子 先生
           二中校区・第二小学校の先生
           本校3名の教員
   
 


立川第二中学校創立70周年記念式典

10月14日(土曜日)開催


創立70周年記念「合唱祭」

10月21日(土曜日)開催



第31回時事通信社「教育奨励賞」

本校が「優良賞」受賞しました。

 受賞を知らせるニュースは

こちらをクリックすると見られます。


受賞校決定ニュース

資料の掲載についてすべて時事通信社の許可を得ています


10月24日表彰式がありました。

その様子は、動画で見られます。


時事通信社第31回教育奨励賞表彰式

この賞に関する詳しい内容と

受賞となった本校の実践内容は、

以下の資料からご覧になれます。


内外教育 第6530号[234420]161027134036.pdf
内外教育 第6532号[232373]161027134016.pdf


・平成28年度の授業改善推進プランを載せました。

これまでの本校の取組(平成22~25年度)については、

下記のベネッセの教育誌に取り上げられています。


「言語活動を通じて高める生徒の力」の東京都立川市立立川第二中学校の事例『「根拠」に基づき、論理的に考え、表現する力を養う』をご覧ください。

言語活動を通じて高める生徒の力@ベネッセVIEW21


ビブリオバトル(書評合戦)の取組

本校では、言語能力の向上の一環として「ビブリオバトル(書評合戦)」に取り組んでいます。昨年度、1年生が取り組んだ活動は、上記『学校概要』の下にある『ビブリオバトル(書評合戦)』をクリックしていただくとご覧になれます。生徒がどのような本を取り上げているのか、また、どのような本を選ぶのか、ぜひ、ご覧ください。


 
新着情報
 RSS
1年・立川の学習(立川市民科)日誌
トップページ
09/26 08:00
公開授業・研究発表日誌
トップページ
09/25 09:22
中学生の主張・校内発表(3年)日誌
トップページ
09/21 09:04
「セーフティ教室」開催日誌
トップページ
09/19 14:58
改修工事中日誌
トップページ
09/12 17:24
日誌
学校のできごと
12345
2017/09/26new

1年・立川の学習(立川市民科)

| by:HP担当
『立川ってすごい!』(生徒の作った新聞タイトル)
1年は立川について調べたことをまとめました
皆の作品を1年の廊下に掲示しています


 本校では、平成25年度から「道徳授業地区公開講座」で“郷土愛”をテーマに「立川市民科」と連携して、当日の道徳授業、講演会、意見交換会を実施しています。道徳の授業につなげられるよう、各学年で「郷土・立川」に関することを「立川市民科」として事前に学習を行っています。
 1年は、立川について調べる学習を夏休みから行っています。そのまとめとして、新聞形式にまとめお互いの作品を見合っています。新聞には、それぞれの立川に対する思いが込められています。新聞形式なので新聞の名前、そして、見出しを見てみると皆違った観点から立川を調べていることが分かります。
 新聞名には、次のようなものがあります。
 「とても便利立川」「立川の四季」「立川スポット」「立川の名所」「立川の交通」「アニメ都市・立川」「立川・今昔物語」「アートのまち・たちかわ新聞」「不思議がいっぱいファーレ立川新聞」「利便性 にぎわい やすらぎのある立川」「うど新聞」
 そして、中には次のような新聞名もあり、生徒はしっかり立川の歴史と向き合っていることが分かるものがあります。
 「砂川闘争新聞」(見出しには「立川でも闘争があった」)
 「立川ってすごい!」

 立川の何がすごいのか。それは、ぜひ生徒の作品をご覧いただきたいと思います。 「道徳授業地区公開講座」は、11月11日(土曜日)実施です。本講座は、特に保護者、地域の方々を対象に実施するものです。多くの皆さまのご来校をお待ちしています。

                 
08:00
2017/09/25new

公開授業・研究発表

| by:HP担当
9月22日(金曜日)研究発表実施
ご参会くださいました皆様
ありがとうございます


 9月22日(金曜日)の午後、公開授業・研究発表を実施いたしましたところ、多くの皆様にご来校をいただき、まことにありがとうございます。皆様方からいただいたご指導・ご助言を今後の教育活動に活かしてまいります。
 本校は、「主体的な学びを促す授業づくり ~伝え合い、支え合い、学び合う学習活動の活性化~」を主題に、立川市教育委員会研究指定校として2年間研究実践を進めてまいりました。今年3月に告示された新学習指導要領で示された授業改善の視点は「主体的・対話的で深い学び」です。本校では、その視点が示される以前から生徒が自ら学ぶ意欲・主体的に学びを進めるためには、どのようなことが必要であるかを研究してまいりました。このとき特に重視したことは、学習を進める上で生徒自身が「見通し」をもつこと、そして、授業の中では生徒が相互に「学び合い」を深めていくこと、また、学んだことについて、生徒が自分自身と向き合う「振り返り」です。
 この中、特に自分と向き合う「振り返り」がいかに重要であるかが分かります。生徒は「振り返り」を通して、できたこと、分かったことの確認とともに、できなかったこと、分からなかったことも明らかにし、ではどうすればよいのかまで考えるようになり、それが自ずと次の授業、学習の見通しにもつながっているからです。このことが具体的な生徒の態度として表れていることに、生徒は教員や他から指示されるのでなく、休み時間から一人一人が学習をはじめ、そして、「学び合い」を進めている授業もあります。
 こうした姿が見られるようになるのも、一人一人が自分と向き合い、自分に問いを立てられるようになっているからだと考えます。この考える力が本校が平成22年度から取り組んでいる「クリティカル・シンキング」に他なりません。
 また、今回、1年生が4月の段階から「学び合い」が自然とできているのも、小学校段階で「学び合い」を進めていて、その意義が生徒自身が理解できているからこそと思います。今後も小学校との学びの連続性を一層高めていきます。

                     
09:22
2017/09/21new

中学生の主張・校内発表(3年)

| by:HP担当
中学生の主張 校内発表 3年の部
根拠に基づいた自分の考えを伝えています
皆さん、「キッズウィーク」とは何か、
知っていますか?


 9月20日(水曜日)の5時間目。3年生は「中学生の主張」の学年発表会がありました。これまで各クラス内で発表を行い、その中から選ばれたクラス代表の生徒が、体育館にて学年の全生徒の前で発表を行いました。
 1番目の発表生徒は、「いじめ問題」を取り上げ、自ら命を絶ってしまった生徒がいた実例から、命の大切さとともに仲間のかかわり、支えの大切さを訴えていました。
 2番目の発表生徒は、「キッズウィーク」のことを取り上げていました。キッズウィークの内容、そして、有給休暇取得率などの根拠データに基づいて、自分の立場を明らかにするとともに、メリット、デメリットを述べ、デメリットをメリットにかえていく提案をしていました。
 3番目の発表生徒は、「勉強の意味」について考え、知識を何のために使うのかという目的が大事なことであると主張をしていました。
 4番目の発表生徒は、「間違えることの大切さ」について、自分の体験をもとに、過ちを気付かせてくれた友人がいたこと、過ちに気付き直していくことの大切さを伝えてくれました。
 5番目の発表生徒は、「笑顔でいられる強さ」について、笑うことがどれだけ体にとってよいことがあるかということに関する実証データをもとに、笑顔のもつ力について自分の考えを発表していました。
 いずれの発表も根拠に基づいて、自分の考えをもち、メリットやデメリットを説明しながら、自らの提案を述べているとても説得力のある発表でした。3年生であることからこれまでの成長を感じ取ることができる機会でした。

        
09:04
2017/09/19

「セーフティ教室」開催

| by:HP担当
「セーフティ教室」SNSの取り扱いについて学びました

 9月14日(木曜日)一日を通して「セーフティ教室」でした。1時間目は全校生徒が体育館に集まり、個人情報の取り扱いなどについて講師の先生の話を聞きながら、どのような危険が潜んでいるのか、将来のことを考えるとどのようなことに気を付けておかなければならないのかなどについて考えました。
 その後、クラスごとにグループになって事例をもとにしながら討議を行いました。その際、各グループには、中学生とも年齢が近い大学生が一人ずつファシリテーターとしてついてくれました。自分の考えを出しながら、人との考えを交流し合うことを通して、気を付けなければならないことを考えていました。なんと、大学生は総勢34名の方が本校の「セーフティ教室」のためにかけつけてくれました。本講座は、東京都と連携して行ったものです。

          

 放課後は、体育館にて本校PTA校外委員会主催の「地区別懇談会」”ファミリeルール講座”親子で考えるインターネットルール作りが行われました。
       
14:58
2017/09/12

改修工事中

| by:HP担当
正門は使えませんが整然と登校ができています
 現在、中規模改修工事中です。正門(西側の門)が使用できないため、生徒は東門(学校プール横にある門)を使用しています。2学期開始の時、いつもより遠回りをしなければならない生徒もいたり、隣の都立立川国際中等教育学校の生徒と登校時間が同じになったりすることから大勢の生徒であふれ、遅刻する生徒もいるのではないかと心配がありました。しかし、生徒は皆見通しをもって早めに登校できていることからこれまでよりもゆとりをもって校門を通過しています。


17:24
12345
Copyright(c) 2014 Municipal Daini Junior High School in Tachikawa All Rights Reserved.