立 川 市 立 け や き 台 小 学 校
〒190-0001 東京都立川市若葉町1丁目13-1
  電話:042-536-1875 FAX:042-534-6941
 きこえとことば直通電話042-536-9664 
 
 
カウント数315287
お知らせ
★けやき台小学校の校歌★
(音声)をアップしました 
(下のURLをクリックしてください)

http://www.tachikawa.ed.jp/es11/?page_id=15

絵文字:星けやき写真館を開設しました絵文字:星
http://www.tachikawa.ed.jp/es11/?page_id=66
(トップページの「けやき写真館」からご覧になることもできます)
 
お知らせ
★ヒアリにご注意を!
資料⇒ 
ストップ・ザ・ヒアリ - 環境省

★手足口病が流行しています!
資料⇒ 
手足口病が流行、都内で警報基準を超える|東京都

学校PCへのメールアドレス
tachikawaes11@seagreen.ocn.ne.jp
(平成28年10月よりこちらのアドレスを使用しています)
 

けやき台小学校のホームページにようこそ!


あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いします。



電話番号の聞き出しに注意!!
冬休み中に、けやき台小学校の児童が電話番号の聞き出し被害に遭いました。(「ドッジボール大会があるため、教えてほしい」と言葉巧みに聞き出したようです。)
各ご家庭でくれぐれもご注意ください。(お子様に「絶対に電話番号を教えない」と伝えてください。)※特に5年生がいるご家庭はご注意を。

保護者ボランティアによる読み聞かせ


1月16日(火)の朝、保護者ボランティアによる読み聞かせが行われました。子供たちは、皆読み聞かせに釘付けでした。

Everly(エバリー)演奏会開催!
 12月21日(木)にけやき台小学校視聴覚室にて、5人組の演奏グループEverly(エバリー)のうち、松尾兄弟が来校して、各学年に演奏会を開催してくれました。

平成29年度立川市小学生サミット
12月2日(土)の午後、市役所にて「児童会サミット」が開催されました。「SNS宣言」と「オリパラの取り組み」について、市内の小学校の6年生が熱い議論を交わしました。本校からは2名の6年生が参加しました。


弁護士によるいじめ授業
11月22日(水)に5年生の各学級で弁護士さんによるいじめ授業が行われました。
普段は遠い存在の弁護士さんが、学校での最大の人権侵害である「いじめ」防止を訴えてくださいました。弁護士さんということで、校長や教師によるいじめ授業とは違うインパクトがありました。



オリパラ教育
ウィルチェアー(車いす)ラグビーメダリストがけやき台小に来た~っ!

11月24日(金)の1~4校時に車いすラグビー日本代表選手で、リオパラリンピック銅メダリストの菅野一彦選手がけやき台小学校に来校し、5・6年生と交流しました。



新校名決定!!
市議会本会議で統合する新校の名称が決定しました。
「若葉台小学校」です。
詳しくは校長通信「若葉町の空から 
No147  2017/6/23)」をご覧ください。


1学期末の7月19日に体罰防止研修会を行いました。個別の作業、グループ学習等を経て全体で体罰防止の宣言を決めました。
けやき台小学校の体罰防止宣言は
「心元気に 愛ある指導 チーム一丸となって!」
です。
教職員の心が元気でないと(精神的に疲れていると)、体罰事案に至りやすくなります。常に自ら(そして周囲の同僚も)各人が精神的に余裕をなくしていないかどうかをチェックします。
また、子供たちを伸ばすためにも「指導」は重要ですが、そこに「愛」がないと、冷たい指導になってしまいます。「愛」のある指導を心がけます。
そして、体罰防止で大切なのは、チームワークです。
以上の理由からこの宣言文を決定しました。


31万アクセス達成!!(1月15日)
ホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
引き続きご愛読をお願いします。

★新着情報はこの欄の下にあります。 

 
日誌
学校のできごと >> 記事詳細

2018/01/07

校長日誌 若葉町の空から No553  (2018/1/7)

| by:校長
校長日誌 若葉町の空から No553    (2018/1/7)

 アメリカの電柱③
 (前号より)

 日本人の感覚からすると、「それほどの風雨ではない」と思い、「被害はたいしたことないだろう」と想定していたら、実際は違いました。
 まず我が家が停電。心配になってすぐに学校へ。すると、学校も停電。
 理由は簡単でした。風雨で電線が切れたのではなく、風雨で木が倒れて、倒れた木が電線を切ったため停電になったのでした。(日本人学校に行く途中、倒木をたくさん見ました。道路を遮っている倒木があったり、家の屋根を破壊している倒木があったり、それは甚大な被害でした。)

 幸い、学校の施設に被害はなかったものの、学校周辺でも倒木が一杯でした。(ちなみに、我が家の裏の森も多くの木々が倒れました。)
「なんであの程度の風雨で、こんなに木が倒れるの?」
と思い、停電を引き起こした倒木に向かって運転している車から罵りました。
「根性なし!日本の木はこれくらいの風雨じゃ、倒れないぞっ!」
 しかし、よく見ると、根性の問題ではないことに気づきました。
 表土がとっても浅いのです。なぜ表土が浅いのか?それはアメリカの岩盤がとってもしっかりしていて、その岩盤の上の表土が薄いのです。ですから、木々は、薄い表土の上に一生懸命根を広げているのですが、所詮地中深く根を張れないので、とっても倒れやすいのです。
(次号へ)

 

14:42 | 校長日誌
Copyright(c) 2014 Municipal Keyakidai Elementary School in Tachikawa All Rights Reserved.