立 川 市 立    第 九 小 学 校
〒190-0032 東京都立川市上砂町2丁目18-1
   電話:042-536-2231 
FAX:042-534-6929
 



 
 
九小いじめ0スローガン
 
くわのみカレンダー
 
今月の生活目標
 
訪問者数
139693人目
訪問ありがとうございます!
朝会通信


児童朝会では、全校児童に知らせたいこと、考えてほしいことなど、大切なことを講話として話します。学校でどのようなことを伝え、子供たちが受け止めているかお知らせするため、月に1回以上を目安に、朝会通信を発行します。ご家庭でも、話題にしていただけたら幸いです。
4月10日朝会通信4月17日朝会通信4月24日朝会通信5月1日朝会通信
5月15日朝会通信5月22日朝会通信5月29日朝会通信6月5日朝会通信6月12日朝会通信6月19日朝会通信6月26日朝会通信7月3日朝会通信7月10日朝会通信9月4日朝会通信9月11日朝会通信
 
あったか言葉辞典
 
 










   



  

 
お知らせ

☆【長月(ながつき)=9月】21日(木)
◎安全に気をつけて登下校しましょう。
◯インフルエンザ等に罹患してしまった時は無理をせず、自宅で静養してください。なお、治癒して登校を再開する時は指定の治癒証明書を提出していただくことになっております。治癒証明書(登校許可証)は保健室にあります。また、治癒証明(登校許可)書は、「学校生活・学校行事」および「リンク」欄にも掲載してあります。

【日誌】
○以下の記事を掲載しました。
・「9/21(木)の九小」

【おたより】
国民の保護にかかる警報(Jアラート)に対する対応について

【朝会通信】
・9月11日通信を掲載しました。
 
日誌
学校のできごと
12345
2017/09/21new

9/21(木)の九小

| by:HP担当

砂川音頭の練習。地域の方にご指導いただきました。いつも丁寧なご指導ありがとうございます。


赤組の応援団が、リーダーシップを発揮します。


赤組のフォロワーシップ。応援団と一緒にエールを送ります。


白組の応援団もリーダーシップを発揮します。


白組もフォロワーシップを発揮します。子どもたちの中に入ると、一生懸命さが伝わってきます。
18:11
2017/09/20new

9/20(水)の九小

| by:HP担当

赤組、元気いっぱい歌っています。


白組も負けていません。


音楽委員の演奏も、息がピッタリです。


大玉転がし。6年生が補助をします。


表現力も、グングン伸びています。
19:26
2017/09/19new

9/19(火)の九小

| by:HP担当

運動会へ向けた、全校練習が始まりました。
代表委員が開閉会式の司会練習を行っています。


掃除の時間。細かいホコリや汚れをはき、丁寧に磨き上げます。まさに、「おそうじプロ」です。


ほめ言葉のシャワー。友だちのよさや頑張りに目を向けます。


友だちのよさや頑張りを見つけようとすると、友だちのことを肯定的に見ようとする態度も育ちます。


お礼のスピーチ。自分がうれしかったことは、他の人にも伝えたくなります。プラスの循環ですね。
21:40
2017/09/15new

9/15(金)の九小

| by:HP担当

運動会練習。代表委員による、司会・進行。広い校庭に、はっきりとした声を響かせます。


音楽委員。息を合わせて、合奏します。


赤組応援団練習。


白組応援団練習。


徒競走練習の後。悔し涙を流す友だちを、励ましています。
17:16
2017/09/14new

積極的に使いたい3つのコミュニケーション

| by:HP担当
親や身近な大人が子どもに対して「積極的に使いたい3つのコミュニケーション」があります。
①繰り返す
②行動を言葉にする
③具体的に褒める

①では、子どもが「ねえ、○○を描いたよ」と伝えてきたとします。「ほんとだ、○○を描いたんだね」と、子どもの適切なセリフを繰り返すことにより、子どもが会話の主役になります。自分の話を聞いて、理解を示してくれることが子どもに伝わります。このようなやりとりによって、子どもは会話を上達させ、その頻度を増やします。

②では、たとえば絵本を棚に戻すという子どもの適切な行動に対して、「あら!お片付けしてるのね」と、言葉がけすることにより、親や身近な大人が興味・関心を示していることが伝えられます。子どもにとっては、これはよい行動なのだと学習する機会にもなります。そうすれば、子どもは、今行っている課題に対して注意を保つことができ、行動についての考えをまとめることができます。

③では、「友だちと一緒に考えることができたんだね。えらいね!」と、具体的に子どもの好ましい行為や姿を褒めます。褒めることは、罰や脅かしよりも、よい行動を増やす効果があります。子どもだけでなく、親や身近な大人もよい気分になり、よい関係が築けるはずです。

年齢や学年などによって、言葉のかけ方も変わってくるかもしれません。
否定的な言葉で問題が改善することはまずなく、かえって子どもの否定的な行動を増やすことにつながりかねません。ですから、「肯定的な態度で受容する」ことが大切だと考えます。
15:46
12345
Copyright(c) 2014 Municipal Daikyu Elementary School in Tachikawa All Rights Reserved.